復縁成功者である、私の意見を書きたいと思う。
 
まず、復縁したい人にありがちなパターンは、
 
自分の感情をコントロールすることができないことだ。
 
 
 
復縁には、相手のことを想う気持ちが非常に大切なことである。
 
なぜなら、復縁もれっきとした恋愛だからである。
 
よくあるパターンは、相手にメールを送りまくる行為だある。
 
 
 
これは、最も最悪なパターンであって、最悪のケースでは、
 
そのまま、関係が悪化して、修復できない事態に追い込まれる。
 
よくある、音信不通や着信拒否などがこのケースである。
 
 
 
なぜこんなことがおこるのだとうか?
 
それは、相手のことを考えていないからだ。
 
相手をおもえば、こんな行為はしない。
 
はじめて恋に落ちた時に、一方的にはメールを送らなかったはずである。
 
それは、相手のことが考えられていたからだ。
 
 
 
復縁は一度付き合っているだけに、
 
その辺りの配慮にかける。
 
だから、一方的にメールをおくってしまうのだ。
 
 
 
これを避けるには、復縁について学ぶしかない。
 
復縁の基礎を固めるのだ。
 
ネットや7step復縁マニュアルが効率的に学ぶことができる。
 
是非とも、知識をつけてもらいたいものだ。
外見、内面の両方ともフルモデルチェンジが

完了し、半年間といった時間が流れました。


いよいよ、復縁相手との再会を果たす時が来たのです。

でもどうやって再会をすればいいのでしょうか?

いきなり家に押しかけるのでしょうか?

待ち伏せして話しかけるのでしょうか?


いいえそうではないのです。

慎重に行動することが大事になってきます。

まずは、やっぱりメールを送ることです。


ポイントは、復縁なんて全く匂わせないことです。

「久しぶり~元気~」

このくらいで十分です。

とにかく、メールは短く、完結に爽やかな内容に

することです。


別れの嫌なメールを思い出させてはいけません。

今までの積もり積もった感情を出してはいけないのです。

あくまで軽い感じのメールを送りましょう。


そして、返信が返ってくるかどうかもポイントになります。

もし返って来ない場合は、もう1ヵ月程度期間をあけて

メールをしてみましょう。


凹んでいる場合はないのです。

この頃のあなたは、趣味に充実しているので、

変に復縁相手に依存はしていないはずです。


もし依存しているのであれば、それはまだ再会時期では

ないかもしれません。



メールの返信があった場合は、その返信期間をチェックしてください。

2時間で返ってきたのが、1日置いて返ってきたのか、

また、メールの内容にもチャックが必要です。


メールの長さや、絵文字のつか方など、

昔のメールと比較しながら復縁相手がどういった感じで

メールを書いたのかを想像するのです。


そして、相手の返信期間にあわせて何度かメールの

やりとりをしましょう。

もしこれが続くのであれば、是非続けてください。

まずは気の合う友達のように振舞うのです。


焦らず慎重に、パクッと餌に飛びつく魚になっては

いけません。池の主のように慎重にいくのです。


いずれ会うことになるのは、いうまでもありません。

そこまで慎重にメールのやり取りだけに集中しましょう。

ポイントは復縁なんて気持ちを微塵も感じさせないで、

復縁相手の味方になるようなメール、気遣いのできる

メールを送り続けるのです。


もちろん、返信の期間は慎重にしてください。

しつこいようですが焦っていけませんよ。
内面を変えるには、とにかく新しいことにチャレンジ

することが、一番の近道になります。


新しいことを始めることにより、あなたの中に、

今まで見たことのない自分を発見することができたり、

資格などを取る場合は、達成感による自信がついたりと、

人生における深みが増すのです。


本当に何でもいいので、はじめてのことを始めましょう。

分からない人の為に、ヒントを書きたいと思います。

もし思いつかない人がいたら、この中から選んで

みてはどうでしょうか?



1資格

これは先ほどの例でも書いたとおり、自分でも一人でやり通せた

といった自信が尽きます。何か好きなものがあったら、その為の

資格をとるのもいいでしょう。


夏頃だったらスキューバーなんて楽しそうですね。

楽しそう、これが大事な頭の使い方です。

とにかく、この半年間は人生を楽しみながら過ごすのです。

暗く、凹んでいる人より、元気はつらつの人の方が

魅力的ですよね。



2習い事

たとえば、陶芸教室に通ってみるとか、お料理教室、

ダンススクール、英会話、ピアノ、パソコン、バレー、

ボクシング、テニス、水泳、ギターなどなど・・・。


自分が楽しめそうな分野で、今までやってこなかったこと

を始めるのです。趣味にのめり込むイメージですよね。


3海外旅行


これもまったく行ったことがない人にとっては、

勇気のいる行為です。一人でいくのは危険な場所も

多いので、だれか一緒に行ってくれる友人をみつけなくては

いけないのと、費用がかかるのが問題ですが

これも新たなチャレンジにはもってこいです。


アジアやヨーロッパなどどこでもいいので、

チャレンジしてみましょう。



4転職

これはかなり思い切った行動ですが、

今まで嫌で嫌で仕方がなかった仕事をしている人は、

思い切って転職するのも一つの手です。


本当はやりたかった仕事がある人は、

この選択肢も考えてください。

好きなことをやっていると、自然と笑顔になりますし、

魅力的な人間に成長していくものです。



以上が例としてあげさせていただきました。


これ以外でももちろん大丈夫ですので、

どんどんチャレンジしてみましょう。
外見が変わったこので、復縁相手はあなたに興味を

持ち出しました。そして、あなたとの会話を楽しもう

とします。


そこで大事になってくるのが、中身なのです。

見た目は変化していても、話してみたら以前の

あなたとまったく変わっていなかった。


これではせっかく興味を持ち出した復縁相手が、

再び、あなたを知っている境域に戻してしまう恐れが

高いでしょう。


中身のチェンジはそれ以外にも大事になってくるのです。

それは、中身が変わることによってもしかしたら、

やり直したら、今度こそ上手くいくかもしれない。

そう復縁相手に思わせることができるのです。


服装の変化で、相手はあなたに興味を持つ。

話してみるとなんだか、昔と違って自立している。

自分に自信があり、自分がいなくてもしっかり

前を向いて歩いている。


久しぶりにあった元彼、元カノがこんな風に

モデルチェンジしていたら、気にならないほうが

難しと思います。

だって、一度は好きになった相手です。

少なくとも、あなたは復縁相手のストライクゾーンに

入っているのです。


しかも、今度はもっと、ど真ん中のストライクゾーンです。

復縁相手だって、好き好んで別れたかったわけではありません。

何か事情があって、別れを選択したのです。


あなたの変化でその問題が解決されているのかも?

そう思わせることが大事なのです。

その為に、内面を変化されることが大事なのです。
半年間は、何をやってパワーアップをしていけばいいのでしょうか?

それは、見た目、中身両方のパワーアップが必要になってくるのです。

そのためには、まず、服装を変える必要がなります。

そして、中身は新たな趣味を見つけるのです。


まずは、外見から説明します。

付き合いが長ければ長いほど、相手はあなたのことをなんでも知っています。

服の趣味もまたその中に入っているのです。

そして、人は未知のものを知りたいといった好奇心が

強い生き物なのです、逆をいえば、知り尽くしてしまったものには、

興味が失せてしまう生き物なのです。


今、あなたは、復縁相手にとっては知り尽くしてしまっている

存在に分類されます。そうなってしまえば、半年後の再会したとしても

いつものよく知っているあなたになってしまうのです。


それでは、復縁相手は興味をもってくれないのです。

だから、あなたは変わる必要があるのです。


まずは外見、見た目はすぐに変化することができ、

相手に変わった印象をあたえることができるからです。

ポイントは、今まで絶対着てこなかった服装にすることです。


それも、復縁相手が好きそうな格好が好ましいですね。

もしそれがわからなかったら、復縁相手が読みそうな

雑誌を読んでください。


そこに載っている、同性の服装を真似するのです。

あなたが女性だったら、男性紙を読んで、そこの

載っている女性の服装をマネしてみましょう。


きっと復縁相手の好きな服装になるに違いありません。

勇気がいる行為ですが、再会時に変わった印象を

与えるには、少しの変化では分からないものです。

頑張りましょう。

復縁の為の最後のメール

| コメント(0) | トラックバック(0)
復縁をするには、一定期間全く連絡をしないことが

条件にあげられてます。

でもその前に最後のメールだけ送りたいんです。

けじめのためか、復縁を決心し、連絡を取らないことを決めた

人がよく言う言葉です。


しかし、できるならそんなメールですら送らない方が

いいのです。メール自体がもう相手にとっては、面倒

になってしまっているのです。


どうしても送りたければ、本当にタンパクなメールに

したほうがいいでしょう。ずらずらと長ったらしい

文面では、見てくれないですしやはり、面倒な

メールがきたくらいにしか思ってもらえません。


このくらいにしておきましょう。

「今まで楽しい思い出ありがとう、バイバイ」

まず、ポイントですが自分の要求を入れていないこと。

返信の要求など、一切入っていないところがポイントです。

相手の負担を考えればわかるはずです。

今は、あなたとコンタクトを取りたくないんです。

そんな相手のことを考えて、返信を求めないことが大事

ですよね。


そして、自分の気持ちを押し付けていない。

好きな気持ちが抑えきれなくて、好き好きと

言い過ぎてきていないでしょうか?


それが相手にとっては負担になっているのです。

厳しい言い方をすれば、ウザイのです。

十分すぎるほど伝えてあるはずです。


最後のメールには入れないようにしましょう。


そして、3つ目はシンプルであるです。

長ければ、長いほど重いメールになってしまいます。

シンプルで軽い感じのメールが好ましいのです。


これは、半年くらい経って、復縁へ進むときも同じことです。

とにかく、面倒なメールは送ってはいけません。

どんどん相手が離れていくだけですからね。